五 光 牧場 オート キャンプ 場。 時々キャンプ!!:五光牧場オートキャンプ場②

五光牧場オートキャンプ場のブログや口コミ【WOM CAMP】

五 光 牧場 オート キャンプ 場

先日はジャキ家と千代田家で八ヶ岳の五光牧場オートキャンプ場に行ってきました。 シーズンオフの平日ということでかなり人は少なく選びたい放題 ただし傾斜地が多め。 かなり開けて景色も良い場所を選べました。 父母でテントを設営中、息子はチョロチョロと歩き回り。 ジャキ家や千代田家にかなり遊んでもらってました ありがとう!。 夜はご飯は作らずにDILLへ。 今回もとても美味しかったです。 夜はさすが標高1,300m。 0度くらいまで下がりましたが、ロッジシェルター内では換気に気をつけつつのアルパカストーブつけっぱなしだったので、そこまで寒くはなりませんでした。 僕は0度くらい余裕ですが家族で行く場合石油ストーブは力強い味方ですね。 二日目も快晴。 やつれんでソフトクリームを食べ、勝沼の皆吉でほうとうを食べて帰路につきました。 楽しかった!また行きましょう〜。

次の

CAMP MOVIE

五 光 牧場 オート キャンプ 場

別の場所も案として、新潟や北陸もいくつか上がっていたのですが近くであのロケーションはって事で去年と同じ五光牧場オートキャンプ場で落ち着きました。 都心から2時間強で着くしねw。 日程は2020年2月1日(土)~2日(日) 2週間前の2020年1月19日に五光牧場オートキャンプ場から5分ぐらい奥のスキー場、 シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳に行ったのですが、その時は雪もバッチリ! 暖冬で心配でしたが良かったw と、思っていたら、その後に暖かい日が続き雪が無い。。。 (汗) 雪中キャンプがただの冬キャンになってしまうのか?!(涙) 期待と不安を胸に当日を迎えるのでした。。。 おっさん雪中キャンプ当日の朝を迎える おっさんソロなので荷物は最小限にしました。 サクッと前日に積み込んでの出発。 6時ちょい過ぎには自宅を出発して五光牧場オートキャンプ場を目指します。 車からの朝焼け。 雪、残ってるかなぁ 今回は事前に買い出しはしていなかったので現地スーパーにて調達。 中央道須玉ICを降りて直ぐのザ・ビッグ北杜須玉店に寄ります。 あ、あと飲み物とかね。 一通り買い出しが済んだので五光牧場オートキャンプ場へ向かいます。 これがその五光牧場オートキャンプ場への途中の道なのですが。。。 雪は?!(汗) これが 去年のおっさん雪中キャンプの時、2019年2月2日。 おぉ、ほぼちょうど一年前w 今年のおっさん雪中キャンプの2週間前の2020年1月19日。 シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳に行った時。 雪バッチリだったのに、 なぜ おっさん雪中キャンプの当日には雪が無い(涙) いつしか車は五光牧場オートキャンプ場に到着。。。 向こうに見えるのはEgnathさんとしくさん?! 受付が9時からで、ちょい早いので受付前で待機。 管理人さんが9時ごろに到着、受付を済ませるとkさんも到着。 サイトへ向かいましょう。。。 五光牧場オートキャンプ場のサイトまでの道のり 去年は雪であんなに大変だった坂もご覧の通り。 デコボコで違う意味で大変な道になってますねw 若干、雪が残っている部分もあるんですよね~ なんとかなるのかぁw?! 炊事場のところまで来ました。 帰ってきたぜw、五光牧場w 雪、ギリギリあるやん! 去年と同じ場所です。 どこに張りますかなぁ?! みんなで設営場所を見定めます。 結局、去年張った場所よりちょい奥かな。 この場所辺りに設営する事になりました。 場所も大体決まったところで、去年最強のヴォクシーを駆って6さんが到着! 今回の参加者が全員揃いました。 あ、今回の参加者はこちらの方達です。 のkさん のEgnathさん の6さん のしくさん それに、筆者、のtaku-c ホントはねぇ~、???さんの旦那さんとか〇〇〇さんの旦那さんとか、某写真部部員とか大御所ソロキャンパーとか参加される予定だったんですけどね~。 これに関しては来年のお楽しみって感じですかねw。 設営開始ー! サイトも決まった事だし、設営を開始しますっ! Egnathさん、しくさん組。 kさんに、 6さん。 こちらは自分の荷物です。 今回はおっさんソロなので荷物最小限で大体これで全部です。 これにあと着替えとかの入っているザックとカメラ関係かな。 テントから張りまっせ! キャンパー:6さん 6さんの幕はコールマン テント ウィンズライトティピーかな?! エクスカーションティピーかと思ったら、廃盤のウィンズライトティピーでしたね。 キャンパー:kさん kさんの幕はお馴染みヘルスポートのバランゲルキャンプ 8-10。 化繊ではありますが、使用下限温度が-17. あまり使わないかもですが、バーナーも耐寒性能の高いOPTIMUS Vega。 脇では夜の薪ストにむけてのシャカシャカで薪割りをしてくれている6さん。 6さんが割ってくれた薪をちょい頂いて、Egnathさんが皮が取り除いてくれたエゾシカの肉を早速鉄板で焼きまっせ! 焼くタイミング早すぎたかなぁ(汗) お米の待ちの時間やら火力調整が難しかったりで焼き過ぎちゃった?!(苦笑) そんな脇ではkさんが 文明の利器を駆使してサラッとジンギスカンを作りますっ! こ、これがアーバンキャンプかっ?! photo by k ホントにほんのちょっとだけw 酸味があってさっぱりな感じ?! 甘味のあるジンギスカンのタレに合いますなぁw いやぁ~、良いお昼でした! ご馳走様でしたw ちなみにサイトの周りはこんな感じです。 ちょいテントから離れると雪がないんですよね。 他のところもこんな感じ。 雪アリ・ナシと半々って感じぐらいですかね~。 展望台へロケハンに出かけます! お昼も食べたし、その後は何やってもいいんですw おっさん達の人生の自由時間。 大げさだな(笑) 暇になりそうだったので、展望台へ行ってみようって事になりました。 カメラ片手に展望台へ向かいます。 途中の坂道。 雪無いとこんな感じなんですね。 雪アリの五光牧場オートキャンプ場しか来た事なかったからなぁ。 ただ、展望台へ向かって行けば行くほど雪が残ってました。 あれ?!6さん、それってソリじゃないですか?! そうなんです。 展望台へのロケハンは、ロケハンとう重要なミッションではあるんですが、それプラス、今回のおっさん雪中キャンプでやりたかった事、 ソリをやってみます! あれ~、撮ったと思ったんだけど写真が無い。。。

次の

五光牧場オートキャンプ場・ブログ

五 光 牧場 オート キャンプ 場

目次 []• ありのままの自然が魅力の五光牧場オートキャンプ場 五光牧場オートキャンプ場は 中央道長坂インターから車で約30分。 日本で一番高い場所にある駅「野辺山駅」で有名な、 標高1300メートル地点にあるキャンプ場です。 野辺山周辺まで車を走らせると、ゆったりとした壮大な景色が広がります。 まるで北海道にいるかのような錯覚に陥りますよ。 最低限の設備だけ。 自然と調和したキャンプ場 殆ど手を加えていないキャンプ場内は、 天然の芝生と木々が美しく調和した美しいロケーションです。 そのため、設備がしっかりと整った高規格キャンプ場とは違い、 ワイルドな環境です。 広大な敷地には 水場は2か所。 トイレも2か所しかありません。 道路も整地されていない、ありのままの状態です。 広大な敷地はまるでアドベンチャー 五光牧場オートキャンプ場は 予約が必要なキャンプ場ですが、 フリーサイトの為、好きな場所に設営することができます。 敷地内は広大なため、どこにテントを張るか迷ってしまう程です。 道からちょっと外れたところに穴場なサイトがぽつんとあったりするので、付近に車を停めて周りを探索するのも楽しいですよ。 最奥地は穴場?八ヶ岳と星空の見える特別サイト 今回設営した場所は、 八ヶ岳と星空の見える特別サイトという、広大な芝生が広がる開けたサイトです。 この先にもキャンプ場があるのか?と、不安になる位奥まで車を進めていくと、突然開けた場所に出ます。 木々に囲まれたサイトとは全く違った顔をみせるこのサイトは五光牧場オートキャンプ場の新しい一面をみせてくれます。 八ヶ岳と星空の見える特別サイトというだけあって、周りに遮蔽物がありません。 八ヶ岳も、こんなにくっきりと見えます。 この日は残念ながら星をみることができませんでしたが、 星がみえたら絶対感動しますね。 美しすぎる天然芝 まるで ゴルフ場のように美しい芝生。 ここまで見事な芝生のキャンプ場は、なかなかお目にかかれません。 ペグの刺さり具合も良好でした。 キャンプギアを直置きしても汚れが気になりません。 芝生に寝っ転がると、気持ちよかったですよ。 長野県では貴重な車乗り入れ可能なフリーサイト 長野県のフリーサイトのキャンプ場で、車の乗り入れができるところは意外と少ない印象ですが、 五光牧場オートキャンプ場は車の乗り入れが可能です。 これは大変ありがたいです。 これだけ広大なキャンプ場をリアカーにキャンプギアを載せての移動は、流石に過酷ですからね。 不便を楽しもう!ワイルドな環境でキャンプを楽しむ 最低限の設備で自然の地形を生かしたキャンプ場。 とても魅力的な響きですが、逆に 不便な点も多々あるということです。 高規格キャンプ場とは一味違った、ワイルドな環境をご紹介します。 平地は皆無!場所選びがすべて 自然の地形を生かしたキャンプ場だけあって、 完全な平地は存在しないと断言できます。 多少の傾斜地なら、全然許容範囲です。 殆どの場所が結構な傾斜なのですから。 傾斜が強い場所でのキャンプは中々不便です。 テーブルに置いたドリンクやお皿は滑り落ちていきますし、快適な睡眠も望めません。 傾斜の少ない場所はすぐに埋まります。 良い場所を押さえる為にも、 なるべく早くチェックインして場所選びに時間を割きたいところです。 五光牧場オートキャンプ場のチェックインは朝9時からです。 トイレは2つ。 場所選びを間違えるとトイレが大変 これだけ 広大な敷地にも関わらずトイレは2つしかありません。 つい最近まではトイレが1つしか無かったそうです。 この赤いコンテナのトイレがキャンプ場内にできたことで、大分快適になったそうですよ。 場所によってはトイレまで片道5分以上はかかるため、トイレ付近は人気スポットです。 すぐに埋まります。 今回設営した 八ヶ岳と星空の見える特別サイトは、 トイレまで片道5分以上と不便でしたが、傾斜が少なく、 プライベート感満載の絶景エリアでした。 多少トイレから遠くてもプライベート感のある傾斜の少ない場所を選ぶのか、景観と傾斜のことは無視してなるべくトイレに近い場所を選ぶのか。 キャンパーさんの考え次第ですよね。 整備されてない道がワイルドすぎる件 道路もありのままの自然です。 道は起伏が激しく、 車高の低い車だと確実に車の下を擦ります。 しかも、土が丸出しでぬかるんでいるため、 雨の日はスタックする率があがります。 今回は晴れた日にキャンプに行きましたが、車がちょっと低いため沢山擦りましたし、スタックもしました。 低い車やスポーツカーの方は、気を付けてくださいね。 炊事場は2か所。 お湯はでません 炊事場は2か所あります。 トイレ同様、炊事場の近くも人気のスポットとなりますので、早い段階で埋まります。 水は天然水を引いているので そのまま飲めます。 とても冷たい水が気持ちいいです。 お湯はでませんが、それは贅沢というものです。 ちゃんとした炊事場があるだけでも大変ありがたく感じました。 外灯はありません。 夜は真っ暗です キャンプ場内には外灯がありません。 周りは真っ暗なので トイレや炊事場に行くときは懐中電灯が必須です。 真っ暗だと星も綺麗にみえますし、ランタンの光や焚火の炎が美しくみえます。 自然の中でキャンプをしてるんだなという実感が持てますよ。 ゴミ捨てに関しての注意事項 ゴミは捨てることができます。 但し 有料です。 生ゴミが220円です。 それ以外の分別は特に指定はありませんでした。 袋の大きさのよって金額が変わります。 30リットル袋が330円、45リットル袋が440円、70リットル袋が550円です。 ゴミが捨てられるだけでもありがたいですよね。 最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ 五光牧場オートキャンプ場から車で10分ほどのところにある清里には、行列のできるお店や、おいしい食材を取り扱ったお店が沢山あります。 今回のキャンプの目的が 「最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ」です。 五光牧場オートキャンプ場の付近にある美味しいお店を何店かご紹介します。 親子丼で有名な「中村農場」の絶品鶏ガラスープ 中村農場は、数十種類の鶏肉と卵を生産販売しています。 特に 親子丼は有名で、 2時間待ちは当たり前です。 その隣にある 直売所で親子丼を購入することができます。 直売所では行列することなく購入することができます。 冷凍食品ですので調理は必要ですよ。 キャンプで特におすすめなのが、 鶏ガラスープとセットで購入できるラーメンです。 キャンプ場で〆のラーメン。 酒飲みにはたまりません。 レシピ付きですよ。 鶏がらスープを解凍して、麺を茹でるだけです。 アッサリとしたスープと、専用の麺が絡んで美味です。 鶏ガラスープは大量に入っています。 ラーメンだけだとスープが余るので、翌日朝、スープとして頂いています。 2度も楽しめてしまう汎用性の高さ。 二日酔いの胃腸に沁みわたります。 幸せです。 別の建物にある、 中村農場菓子店のスイーツも絶品です。 生ものなのでお早目にお召し上がりください。 設営後のスイーツはほっこりとしますよ。 行列のできる人気店「萌木の村ROCK」のレトルトカレー 萌木の村ROCKのカレーは一度食べたら病みつきになります。 こちらも 2時間待ちは当たり前です。 その味を一言で表現すると「ROCKのカレー」としか例えようがありません。 そんな大人気のカレーが、レトルトで販売されています。 キャンプといえばカレーは定番ですよね。 設営後の腹ごしらえに、ROCKのカレーを食します。 レトルトだからといって侮ることなかれです。 お店で食べる味そのままなのです。 温めるだけですぐ食べられるのは魅力ですよね。 キャンプにはもってこいですね。 こだわりの品揃えが只者ではないスーパーひまわり市場 山梨県では有名なスーパーです。 こだわりの食材を調達し、見たこともないような珍しい食材をいっぱい取り揃えてます。 お寿司はなんと職人さんがその場で握っています。 とても スーパーとは思えないこだわり。 人気なわけです。 一番の売りはなんといっても 店長さんのマイクパフォーマンス。 心に染みるMCは、思わず聞き入ってしまいます。 気が付くと紹介された食材を手に取ってしまっている圧倒的な説得力。 今回思わず手に取ってしまったのがこちら。 産地直送の山口県産太刀魚の刺身と、 国内産の馬刺し。 どちらもスーパー見かけたことが無い珍しい食材ですね。 日本酒がすすむアテですね。 日本酒は山梨県北杜市白州町の地酒 「七賢」を購入。 キャンプで飲むお酒は地酒をチョイスして楽しんでいます。 一度入ると買わずにはいられない人気のスーパー「ひまわり市場」。 キャンプ飯の幅が広がること間違い無しですよ。 五光牧場オートキャンプ場で時間いっぱい食と絶景を楽しもう 朝早くにキャンプ場にチェックインして、理想の場所を確保したら、ささっと設営を済ませ、 清里で美味しい食材を購入する。 お昼過ぎにはキャンプ場に戻って、 贅沢な食事を最高のロケーションで楽しむことができますよ。 一見、バタバタとしたスケジュールに見えますが、 お昼以降はスローライフが待っています。 現地でしか楽しめないロケーションと一緒に、現地でしか調達できない美味しい食材も楽しみたいですよね。

次の